読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国滞在記③

研究室のようす

안녕하세요~!

こんにちは、M1の八木です。

報告が遅れてしまいましたが、先週の日曜日に帰国しました。

今回の韓国滞在は2週間と短いものでしたが、大変有意義なものとなりました。

 

Hello!

Actually, I came back to Japan on last Sunday.

I stayed Korea for only 2 weeks, but it was very significant.

 

f:id:YamamotoLab:20161114093121j:plain

 (今回滞在した建物です)

 

今回の滞在の目的は、私と同じ研究をしているソウル大学の研究室に滞在し、実験手法の習得及び更なる知見を得ることでした。

初めは不安でしたが、研究室のかたが非常に親切にしてくださり、とても多くのことを学ぶことができました。

実験手法や彼らの目指しているところについてつきっきりで教えてくださり、博士審査を傍聴して最新の研究内容を知ることができました。

また、滞在期間中には、研究のみに集中して取り組むことができました。

 

The purpose of staying the laboratory in Seoul National University, which studies the same theme as me, was to learn methods and to understand my research deeply.

At first I was nervous, but lab members were very kind, so that I could learn many things.

My friend Seonki taught me many kinds of experimental method and their interest. I could also know their latest studies.

I could concentrate on my research during my stay.

 

f:id:YamamotoLab:20161122165906j:plain

(ちゃんと実験してました) 

 

今回の滞在で、今後の方向性もはっきりしてきた気がしています。研究へのモチベーションも上がりました。この経験を生かして、日本でも引き続きしっかりと研究に取り組んでいきたいと思います。

最後になりましたが、今回の滞在を提案してくださった山本教授及びLee教授、サポートしてくださったSeonki をはじめとする研究室のみなさん、中島先生、飛野先生に厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

I could find what I should do on my research during my stay. I am to study hard also in Japan to make good use of my experience in Korea.

Thank you for all of my supporters, Prof. Yamamoto, Prof Lee, WEMT lab members, especially Seonki, and my lab members.

고마웠습니다.

f:id:YamamotoLab:20161202181814j:plain

 

 

やぎ