読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Our paper was accepted (WST, 2015)

宣伝 研究・実験

このブログでもお馴染みのニホンドロソコエビを用いて道路塵埃(路面上に堆積しているチリやホコリ)の毒性を調べた論文が、Water Science and Technology誌に受理されました!!わーい。

Kyoshiro Hiki and Fumiyuki Nakajima: Effect of salinity on the toxicity of road dust in an estuarine amphipod Grandidierella japonica, Water Science and Technology, accepted. (→Link)

 

f:id:YamamotoLab:20150710104028j:plain

 

●論文の概要

この論文は、道路塵埃の有害性をバイオアッセイ(生物応答を指標とする試験)によって調べた研究です。「底生生物に対する道路塵埃の致死毒性が塩分によって増加した」ことを明らかにした初めての論文です(下図)。

正直な話突っ込みどころもかなりありますが…、塩分と道路塵埃の毒性を結び付けた視点は新しいんじゃないかと自負しています。

f:id:YamamotoLab:20150710104226j:plain
Rejectされた雑誌用に作ったgraphical abstract

  

f:id:YamamotoLab:20150710104911j:plainf:id:YamamotoLab:20150710195107j:plain
▲道路塵埃 road dust(左)と 道路塵埃の曝露試験(右)

 

●Short abstract 

Increasing salinity from 5‰ to 35‰ resulted in high mortality of the estuarine amphipod for the three road dust tested. This finding suggests that the salinity level in receiving waters is an important factor on road runoff toxicity.